ペットを飼うということの責任

ビーグル犬をペットとして飼っています。

子供がどうしても買いたいというので情操教育にもなるかもしれないとも思いペットショップから子犬を買いました。犬の寿命は短いので子犬の時期も短くほんの一年くらいで成犬になってしまいます。可愛さはかわらないと思いますが、やはり子犬のころの可愛さには負けてしまいます。

あんなに興味を持って世話をしていた子供もだんだん友人などのとのほうがよくなっていったみたいで、前ほどの世話をしなくなっていき、はじめから想像はついていましたが結局は大人が中心となって世話をしなければなりませんでした。まあ、大人たちも犬を嫌いではありませんし、子供というものはそういうものだと思っているのであまり立腹したわけでもありません。

犬を飼うというのは初めてではありませんが、ずいぶん前に一度買ったくらいですので今の買い方とはずいぶん違っているのがわかりました。さすがに室内で飼うことはありませんでしたが、今ではかなり大きな犬でも室内で飼う人が多いようです。

それに犬は毎日最低一回、できるなら2回散歩に連れて行かなくてはならないので、なかなか手間がかかります。それに犬は自分たちが思っていたよりも体調を悪くすることもおおく、ビーグル犬は比較的体が丈夫だということですが、それでも一年に二度くらいは獣医にかからなくてはならないくらいです。

しかし、いろいろな場面で癒しを与えてくれるということは確かなので寿命がくるまで責任をもって飼っていこうと考えています。